個人投資家の皆様へ

用語集

証券用語集

製品用語集

AR(拡張現実) Augmented Reality の略。人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す。
ADAS(先進運転支援システム) Advanced Driver-Assistance Systems の略。安全でより良い運転を目指して車両システムを自動化・適応・強化するために開発されたシステム。
ASIC(特定用途向け集積回路) application specific integrated circuitの略語。特定用途向け集積回路のこと。電子部品の種別の1つで、ある特定の機器や用途のために、必要な機能を複数組み合わせて設計、製造された集積回路の総称
CG computer graphicsの略語。コンピューターを使用して描かれた画像や映像、図形のこと。または、それらを作成する技術のこと。
IoT Internet of Thingsの略語。あらゆる物がインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、またはそれを可能とする要素技術の総称。
DMS(運転監視システム) Driver Monitor System の略。ドライバーが安全に安心して運転できる支援システム。センサ、画像処理・信号処理、表示器などから構成される。
EMS(電子機器受託生産サービス) Electronics Manufacturing Service の略。単純な下請けとは異なり、顧客との契約を基に量産規模でのロット生産業務を担う。当社は、独自に設計、部材調達、販売、サポートなど製造以外の工程にも入り込み、顧客にワンストップでサービスを提供することを得意としている。
LPWA Low Power Wide Area の略。従来よりも電力消費量が低く、一つの基地局で比較的広い範囲での遠距離通信が可能な無線通信技術。IoT(全てのモノがインターネットにつながる)やM2M(デバイス同士がインターネット経由で通信する)に特化した活用ができると期待されている。
VMS Video Management Software/Systemの略語。防犯カメラや監視カメラで撮影した映像を記憶装置に保存し、管理するためのソフトウェアのこと。
VR(仮想現実) Virtual Reality の略。現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザーの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術。
ビッグデータ IoTサービスなどでクラウドなどにアップロードする巨大なデータの集合。
キッティングサービス 各種電子部品など必要な部品一式をまとめて納めるサービス。
 
ページトップへ

関連ページ