トップ加賀電子とは今後のビジョン

お客様の期待を超える。
未来はすべて、その向こうにある。

代表取締役社長

門 良一

グローバル化に対応し、世界中でお客様を支えていく。

世界で活躍する日系企業を、私たちはこれからもサポートしていきます。そのひとつが、車載や産業機器の分野。海外での生産・販売傾向が強まるため、インドネシア・上海に拠点を設置し、EMS(Electronics Manufacturing Service:電子機器の受託生産)など、プラス1のサービスにも力を入れていきます。今後は北米での需要が高まるため、将来的には北米車載メーカーも視野にいれて展開する予定です。
一方で電化製品など、コンシューマ市場は激しい市場変化が続きます。あっという間に、かつての新製品は次の新製品に取って代わられる時代です。そこで私たちとしても、短納期・小ロット・多品種での生産に対応できる体制を整え、お客様を支えていきます。まずは自社工場でノウハウを蓄積し、世界中で同じクオリティのサービスを提供していきます。

いま描くビジョンは、未来の一部に過ぎない。

誤解を恐れずに言うならば、私たちの本当のビジョンは、お客様の中にあります。「すべてはお客様のために」それが経営理念であり、戦略の柱です。お客様のために、やれることは全部やるというのがスタンスですから、ブラジルもメキシコもアフリカも、お客様が進出する国はすべて私たちのフィールドになっていきます。
まずは、お客様の声をよく聞き、情報収集すること。情報をいただいたら、お返しに、他から仕入れた最新情報をお客様にお伝えすることも重要です。そうすればまた、お客様も新しい情報を返してくれる。その結果、お客様が本当に求めていることは何か、つぎの時代にヒットする商品は何か、が見えてくる。その一つひとつが、ビジョンになるんです。

ボトムアップが、戦略です。

見方を変えれば、社員一人ひとりの行動がビジョンをつくる、ということでもあります。お客様の声を、もっとも近くで聞いているのは社員ですから、社員の判断を大切にしています。覚悟と責任感をもって、「やりたい!」と手を挙げたことには、Noとは言いません。もちろん失敗することもありますが、失敗を許すからこそ、挑戦が生まれるんです。そして、挑戦するから、成長していけるのだと思います。
それに、上から「やれ」と言われたことよりも、本人が「やりたい」ことのほうが、やっぱりがんばれる。人一倍努力もしますから、成功する確率は高くなります。そうやって、みんなの「やりたい」を積み重ねた結果、世界中に40を超えるグループ会社ができました。社員の数だけ、お客様の数だけ、ビジョンが生まれる、ということかもしれません。