トップ事業紹介電子部品・半導体ビジネス

電子部品・半導体ビジネス

エレクトロニクス事業のベースとなる
電子部品・半導体ビジネス

01

独立系の優位性とグローバルネットワーク

国内外2,000社を超える仕入先から、お客様のご要望を満たす部品・半導体を選定・調達いたします。また世界中のグループ会社から独自のルートで最新情報を提供いたします。

02

技術的サポート体制

各ベンダー(仕入先)ごとにエンジニア(FAE)を配置し、最適な商品を提案します。

03

環境分野開拓

近年特に注目度の高い環境分野に対応すべく、エコ関連商材から省エネシステムの販売まで、物販を中心に環境分野の市場開拓を行います。

04

ICT分野開拓

現在、市場が拡大している通信・無線ネットワーク分野に対応し、通信キャリアとの協業・サービス・コンテンツまで含めたビジネスモデルを構築します。

05

プロジェクト設立機能

新規分野や市場に対してプロジェクト(事業)の検討と立ち上げを行います。

INTERVIEW

私たちにしかできない、と思うときがある。

通信事業部 営業第二部 第一課長

墨江 良高

東京、横浜、関西など、エリア営業を経験したあと、大手メーカー向け部署の責任者を担当。
さまざまな電化製品のできあがりを部品調達等で支えたあと、2013年より現職。

何でもできる。だから、どこまでもやる。

あらゆる業界の、あらゆる部品を扱うことができる。しかも調達だけでなく、モノをつくることも、販売することもできる。それが、独立系エレクトロニクス総合商社である加賀電子の強みです。だからこそ、お客様が納得するまで、徹底的に付き合うことができるのだと思います。
思い出深いのは、液晶テレビの仕事ですね。お客様が商品を開発する段階から、部品調達で関わっていましたから、なかなか大変でした。例えば半導体の場合、部品をつくるリードタイムは一般的には3ヶ月ほどかかるのですが、ちゃんと余裕をもって発注いただけることなんて、ほとんどない。下手したら、サンプルを明日もってきてほしい、と言われるくらいです(笑)。もちろん、お客様に悪気があるわけではありません。開発途中でさまざまな問題が起きますから、どうしても予定通り進まないんです。しかし、販売時期はズラせない・・・。ボーナス時期とか、売れるタイミングを逃す訳にはいかないので、最後は徹夜してでも仕上げるという状態になります。それでもやっぱり、店頭に並んでいるところを見ると、やってよかったという気持ちになる。そして「ありがとう」というお客様からの一言が、活力になります。

倒産?ならば、自分たちでつくればいい。

お客様のために、絶対になんとかする。そういう加賀電子らしい話はたくさんあります。例えば、ある仕入れ先の話。海外の会社なのですが、あるとき突然、倒産してしまったんです。でも、替えのきかない部品を作っていましたから、お客様はどうしてもその会社から部品を仕入れなければならない。さて、どうするか。考えた結果、私たちが現地に行って、自分たちも協力して生産することにしました。幸い、一部の作業員は残っていたので、なんとかなりました。非常に大変でしたけれど、お客様には喜んでいただけました。他にも、生産中止になった部品がほしい、というオーダーをいただくこともあります。そういうときは、世界中のネットワークを活用して、流通在庫をかき集めて納めたりします。

営業ですから、大きなマーケットを狙いたい。

私は今、通信と電力に関する商品を担当しています。いずれも、これからが楽しみな領域で、「介護」もターゲットのひとつです。ドアの開け閉めに反応するセンサーや、照明の「点いた」「消えた」に反応するセンサー。部屋に人がいるかいないか、温度や湿度で反応するセンサーなど、「見守り」の分野で3G通信モジュールが活躍しています。ご高齢の方が元気で暮らしているかどうか、カメラで撮影するとプライバシーの侵害になってしまいますし、たとえ自分の息子や娘だとしても、やっぱり気分のいいものではありません。そこで、カメラ以外でチェックする方法が注目を浴びています。電気ポッドからお湯が減ったとか、トイレのドアが開いたとか。そういったことを読み取って、通信で送る。それによって、さりげなく安全を見守る仕組みです。
電力に関しては、電力自由化の流れにのって大きなマーケットを狙っているところ。現在、東京電力管轄の地域では、2020年までに全家庭にスマートメーターを設置する計画を立てています。その数、なんと2700万世帯!ですから、そのスマートメーターの取引に関して、マーケットシェアの10%を獲得できれば、270万個になります。通常の電化製品なら販売数が5〜10万個程度の場合も多いので、かなり魅力的なビジネスなんです。やっぱり、こういうチャンスはいくつになってもワクワクしますね。