TOP > 環境・CSR > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社はコーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題と認識し、企業倫理と法令遵守の徹底、内部統制システムの強化を推進すると共に、経営の健全性・効率性・透明性を確保し、企業価値の向上を図ることを基本的方針・目的としてコーポレート・ガバナンス体制を構築します。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は監査役設置会社であり、取締役会、監査役・監査役会、会計監査人との連携によるコーポレート・ガバナンス体制を採用しております。
当社の取締役会は、10名の取締役(うち社外取締役2名)、4名の監査役により構成されており、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を決定すると共に、各取締役の業務執行の状況を監督しております。
各監査役は取締役会に常時出席する他、社内の重要会議にも積極的に参加するなど当社の経営状況に対する監視・監査を実施しています。
また当社は、内部監査組織として監査室を設置しており、監査役と連携のもと内部監査を実施しています。具体的には、監査計画について監査役と監査室が事前に協議するとともに、監査結果については、監査室が監査役に定期的報告を行っているほか、監査役の必要に応じ、監査室に対して報告を求めるなど随時連携をはかっています。

コーポレート・ガバナンス体制

環境・CSRライブラリ

LIBRARY

CSRライブラリ

関連ページ