トップ座談会 > 第1部 社内座談会

第1部 社内座談会 僕らはこうやって就活のスタートを切った!

今日はお集まり頂き、ありがとうございます。
最初に、現在取り組んでいる仕事の内容を紹介して下さい。

水越

現在、産業機器業界のお客様を主に担当させて頂き、電子部品や液晶といった様々な製品の売込活動、基板の製造委託を請け負っています。お客様、仕入先様、製造委託協力先様への訪問では、遠方への出張もあり、日中は外出している事が多いです。

中野目

電子事業部の通信機器や電子部品を取り扱う部署で営業アシスタントとして働いています。主な仕事内容は受注・発注や納期管理です。お客様から頂いた注文書をもとに受注・発注を行い、希望納期に納品します。中々、納期の調整が出来ず大変なときもありますが、やりがいを感じます。

荒木

EMS営業部で、主に海外子会社のサポートをしています。そのなかで私は現在加賀タイを担当していて、日々、電子部品の輸出業務や納期調整、見積もり等の幅広い業務を行っています。

福田

経理部で、主に経費の支払業務、従業員の立替精算業務を行うチームに所属しています。私の担当としては、毎月発生する支払いの取りまとめを行い、派遣社員の方々の業務の振分けや、チーム内での情報共有を行う為のミーティングを開いています。

加賀電子の志望理由を教えてください。

水越

就職情報サイトで筆記試験が無い会社を調べており、そこで加賀電子の事を知りました。会社説明会に参加した際に、電子部品に限らず、何でも売り込んで良いという説明があり、いろいろな業種のお客様と仕事が出来る事に魅力を感じて志望しました。

中野目

加賀電子の説明会は人事の方の明るい人柄や、写真や動画から伝わる楽しそうな雰囲気がとても印象的でした。また、営業アシスタントとして淡々と事務仕事を行うだけではなく、お取引先と直接やり取りをして仕事ができるところに惹かれました。

荒木

大学時代のサークルの先輩が、加賀電子で働いていることがきっかけで説明会へ行きました。そこで自分の仕事について楽しそうにお話しされている先輩方をみて、それまで受けてきた会社にはなかった親しみやすさを感じ「この会社で働きたい」と思い志望しました。

福田

会社説明会や人事の方の印象から、明るくて社員同士が仲の良さそうな会社だと思いました。私は仕事内容よりも、「自分に合っていそうな雰囲気か」を軸に就職活動をしていたので、魅力的に感じ、ここで私も働きたいと思いました。

担当者より
社員の雰囲気や説明会の印象など、人の魅力に惹かれて入社を決めた方が多いようですね。本やインターネットで得られる情報は限られています。就職活動では、ぜひ自分の足を使ってさまざまな人に会い、“生の情報”を集めてください。

第1部 社内座談会 加賀電子のココが良かった!

加賀電子で働く魅力ややりがいはどんなところだと思いますか?

水越

実は私は加賀デバイスというグループ会社で働いているのですが、もともと加賀電子のなかの一つのビジネスが独立して立ち上がった会社ということもあり、基本的にはあまり変わりはありません。このように加賀電子のなかでビジネスを大きくすれば、それが独立して、一つの会社に分社化できるということも、加賀電子の大きな魅力だと感じています。また、加賀電子も加賀デバイスも独立系総合商社の為、一つの製品に捉われず、お客様のニーズを形にして提案が出来る事に働く魅力を感じています。日々の業務で、お客様から感謝の言葉を頂く度にやりがいを感じます。

中野目

半期に一度、良い成果を挙げた部署が表彰される制度があり、私の所属する部署でも頂いた報奨金で食事に行ったことがあります。社員の頑張りを見てくれてそれを評価して頂けるので、また頑張ろうという気持ちになります。

荒木

アシスタントとして働いていますが、責任ある仕事を任せてもらえるところだと思います。また、ミスをしてしまっても、周囲のみなさんがサポートしてくださり、私自身の成長を見守ってくれます。このような環境があることも、加賀電子で働く魅力だと思います。

福田

普段から先輩方に業務の相談がしやすく、とても恵まれている環境で働けていると感じています。経理部は派遣社員の方などもおり、働き方が様々なのですが、チームみんなで協力して行う業務が多く、毎月末の支払や決算業務など、やり終えた時は達成感を感じます。

実際に働いてみて、入社前に抱いていた「仕事」に対するイメージとの間にギャップはありましたか? 学生時代の考え方を改めるきっかけとなったエピソードがあれば教えてください。

水越

個人の発言が会社の意見として、お客様、仕入先様には、捉えられる事もある為、軽率な発言や根拠のない発言は出来ません。社会人一年目の時に、お取引先の役員の方と打ち合わせする機会がありました。そこでの私個人の発言が、会社の意見として捉えられてしまった事がありました。今では、一言一句に責任を持ち、発言する様に心掛けています。

中野目

仕事ではミスをすると営業やお取引先など大勢の方に迷惑をかけてしまうので、責任の重さは常に感じています。小さなミスでも大きなトラブルに繋がり、会社の信用に関わってしまう可能性があります。そのため何に対しても確認することを大切にしています。

荒木

アシスタントの仕事はマニュアル通りにやる仕事ばかりかと思っていましたが、お客様の要望に応えるために、通常とは異なるやり方を自分で考えたり、お取引先に交渉したりもします。無理難題を言われることも多いですが、その分お客様の希望に添えたときはとても嬉しいです。

福田

想像以上に裁量のある仕事を任せて頂く為、初めは自分にできるかどうか不安でしたが、早く先輩方に追い付けるように、とにかくやってみようという気持ちで仕事をするようになりました。学生時代より、仕事に対して責任の重さを感じますが、その分やりがいも感じることができます。

担当者より
それぞれの職場で、壁にぶつかりながらも成長を続ける社員の様子を感じていただけたでしょうか。加賀電子は、失敗を恐れず、果敢にチャレンジする社員を全力でバックアップしています!