トップ社員紹介皆谷 正人

自分にできることを、全部やる。
だから仕事が楽しくなる。

皆谷 正人

営業職

(海外営業/EMS)EMS推進第一課経営学部経営学科 2005入社

「海外で活躍したい」という思いで出会った会社

学生時代は、バックパッカーとして、おもにフィリピンやタイなどの東南アジアの国々を旅していました。そのころから「仕事をするなら、グローバルに活躍できる会社で」という思いは強くありました。就職活動を始めてからも、いつか海外勤務ができそうな会社かどうかを判断の基準にしていました。
メーカーや商社を中心に志望先を絞っていったのですが、最終的に加賀電子を選んだのは、自由な社風に魅かれたからというのも大きな理由です。一人ひとりの裁量の大きさや、チャレンジすることを推奨する文化がある会社だということを知り、ここでなら自分らしく仕事ができそうだという直感がありました。
入社後に配属されたのは、国内の電子部品営業を担当する部署でした。海外で活躍したいという思いに変わりはありませんでしたが、まずは社会人としての基礎を固めるべきということは分かっていたので、不満はありませんでした。先輩から担当するお客様を引き継いでからは、すぐにやり取りを任せてもらうようになりましたが、最初は電子部品に関する知識も全くなく、見るもの聞くものが新しいことばかり。戸惑いもありましたが、自分にできることをやろうと切り替え、まずは取引先の担当者の方の考えやクセを把握することに専念することにしました。その辺りが分かってくると、自分に求められていることも自然と理解できるようになりました。お客様から少しずつ信頼を寄せていただけるようになるまでの過程は、本当に楽しかったです。

予測がつかない海外ビジネスの難しさとやりがい

電子部品に関する知識は、先輩はもちろん、お客様からもかなり教えていただきました。周囲に支えられ、知識や営業感覚を磨かせていただいた実感があるので、本当にありがたかったなと思います。
国内営業での経験を活かし、入社2年間後からは、自ら希望して念願だったEMS事業部に移り海外営業を担当しています。簡単に言えば、海外のメーカーで製造される部品を仕入れて、国内のお客様に提供するのが私の役割。例えば、電子部品がひとつでも足りないと製品は完成しませんので「仕入れられませんでした」ということは許されません。しかし、海外からの仕入れには思いもよらないトラブルが発生し、直接、現地の工場に出向いて交渉することも少なくありません。難しい場面に直面することもありますが、いくつもの解決プランを立てながら、起こる事態に柔軟に対応し、思うような結果を引き出せたときには何ともいえない達成感があります。海外メーカーと日本企業の間に立って、自分にしかできない役割を担っているという自負も、大きなやりがいにつながっています。

「加賀イズム」のもとで成長する手応え

「すべてはお客様のために」という経営理念は、営業としていつも意識しています。海外に何度も出向き、メーカーなどと交渉を重ねるのも、取引先の担当の方に喜んでもらいたいという一心から。Win-Winな関係を構築できれば、より大きな提案などもしやすくなりますので「お客様のために」と思いで行動したことが、結果的には自分を成長させてくれる力にもなっています。
今後は海外に駐在し、交渉や買い付けだけではなく、モノづくりのマネジメントなどにもチャレンジしていきたいと考えていますが、新たな環境でも日々進化していく気概を忘れず、また新しい楽しさを見つけていきたいと考えています。