KAGA(KOREA)ELECTRONICS CO.,LTD.

KAGA(KOREA)ELECTRONICS CO.,LTD.

韓国加賀電子株式会社は、加賀電子の100%出資子会社として1995年に設立されました。
メーカー(仕入先)の国籍を問わずいろんな国の半導体、電子部品を韓国を代表する企業であるSAMSUNG、LG、その他地場企業に対して拡販し、また、反対に世界的なグローバル企業に躍進した三星、LGとともに地場の中小企業も成長を果たしており、そういった韓国企業を日本を始めとする海外市場への拡販展開をミッションとしています。
スタッフ間のコミュニケーションは、韓国語ですが、韓国人全員が日本語可です。

KAGA(KOREA)ELECTRONICS CO.,LTD.
早川 直希
早川 直希
工学部 / 1983年入社
略歴:主に国内の首都圏における部品ビジネスに携わり、2010年4月より韓国赴任へ。

国柄など特徴や様子がわかるようなトピックスを教えて下さい。

IT業界でも、世界的にも有名になったSAMSUNG、LGが生まれた韓国という国は、この企業自体が韓国人の性格を如実に現していると思います。とにかくいいと思ったら即行動。やっていくうちにいい方法を見つけながら走り続ける。日本人のように石橋を叩いて、叩いて物事を決めるというやり方ではなく、とにかくやってしまう。日本人からするとなんといい加減な!となってしまうのだが、世界的に見ればそれぐらいが丁度良い。日本、台湾、中国と戦わなければならない位置づけの韓国ですから、まずはスピードが命。
あとは、欧米、日本、台湾、中国の良いところを吸収しながらトップダウン方式で海外各国で現地同化作戦。また韓国大統領自身がトップセールスと化し、政治的にも韓国企業を売り込む。
極端かつ自尊心が強くまた、やたらと情が厚い。韓国はそんな人たちが多い国です。

この拠点について、学生に向けて伝えたいことは?

日々情報を拾い、日本市場向けばかりではなく、加賀電子の海外子会社同士の取引量を増やしていくことが今の海外子会社の生き残る道であり、使命だと思います。その為には現地の国柄、業界事情、その国ならではの特徴を把握し、理解し、現地人との活発なコミュニケーションによる人脈作りが無形の財産となり、会社とともに自分も成長できる思います。

最後に、加賀電子を目指す学生へのメッセージをお願いします。

加賀電子は、やりたい仕事を責任を持ってやらせてくれる会社であり、やりたい仕事(事業)を実現させるための準備をしっかりとさせてくれる会社です。また自分で考え、自分で行動し、自分が活躍できる会社です。儲けるために一人ひとりががんばる会社です。しかしまだまだ発展途上の会社であり、活躍の場はいくらでも自分で作れる会社です。
こんななんでもありの会社他にあるの?と思える会社です。

  • 休日の過ごし方