トップ社員紹介木村 文香

香港、上海・・・。
輸出業務は、難しくて面白い。

木村 文香

一般事務

EMS営業部 購買統括課文学部 英文学科卒 2012入社

一日の大半を過ごす会社だから、どんな人がいるか、が大事。

就職活動中に一番大切にしていた判断軸は“人”です。なぜかというと、一日の大半を会社で過ごすことになるため、同じ時間を過ごすのであれば“とにかく明るい雰囲気の会社で働きたい!”と考えていたからです。
合同企業説明会などを含め様々な会社の説明を聞かせて頂きましたが、大学で行われた企業説明会で加賀電子に出会い、人事担当の方をはじめ、先輩方の明るく元気な印象に魅力を感じ、ここで働きたい!と入社を決めました。

いかに素早く、お応えできるか。

私の担当している仕事は、生産工場を持つ海外子会社(上海・香港・タイの3拠点)に向けて、現地で調達できない部品を日本で手配し、輸出する業務を行うことです。
仕事をする上で心がけていることは、相手の要求に素早く対応すること。そして、“どれだけ効率的に、かつ正確に仕事を進めていけるのか”ということを常に考えながら取り組んでいます。毎日膨大な数のメールが飛び交う中で、確認・交渉すべきことは何なのかということをいち早く察知し、対応していかなければならず、ときにパンクしそうになることもあります。だからこそ、そのような中でお客様のご要望に応えることができた時は、嬉しさや安堵感を感じるとともに “また次も頑張ろう!”というモチベーションアップに繋がり、やりがいを感じます。

どんな国でも、対応できるようになりたい。

私の所属している購買統括課は、年に一度、担当のローテーション(変更)を行っています。ローテーションをすることで、例えば担当している社員が不在であっても、代わりに誰かが対応することができるようになります。
1、2年目は香港を担当し、3年目からは上海の担当として業務を行ってきました。その国々によって法規制が異なることも多く、担当拠点が変わると対応方法も変わり、戸惑うことも少なくありません。そのため分からないことがあった際は、自分で確認することはもちろんですが、周囲の先輩方に教えて頂くこともあります。
今後の目標は、どの拠点を担当することになったとしても、対応していけるアシスタントになることですね。