トップ社員紹介上條 慎

いつの日か、業界の流れを
変えるようなモノをつくりたい。

上條 慎

技術職

ソフトウェア開発部 ソフトウェア開発課システム工学部 電子情報システム学科卒 2004入社

常に、新しい技術に出会う。それが魅力です。

就職活動ではメーカーの技術職を中心に見ていましたが、活動をする中でシステムエンジニアという職種があることを知りました。そして、“技術職とは決められた内容を作り上げていく”というイメージを持っていたのですが、そうではないということもわかりました。お客様と会話しながら作り上げるものを決めていき、時には自分から提案も行う。そんな仕事内容が、自分の性格ともマッチしていると感じました。
その後、メーカーに拘らず様々な会社を訪問していく中で、商社にも技術部門があることを知りました。商社は常に新しい商材を求め・扱っていますから、その中の技術部門も常に新しい技術に携わることができます。そこで私は、技術という枠にとらわれずに様々なことにチャレンジできるのではと考え、加賀電子への入社を希望しました。

入社当初は先輩方が作成した内容のチェック業務が中心でしたが、チェックをする中で、何が重要でどういう点に気を付けて作成していく必要があるのか等、非常に多くのことを学べたと感じております。
また、とにかく先輩に同行してお客様のところや協力会社へ訪問しました。議事録の書き方は何度も何度も注意されました。初めはわからないことも多かったのですが、最後の方は自分が先輩の立場だったら、という観点で打ち合わせに臨む様になるなど、今の仕事に大いに役立つ経験ができたと感じております。

アイディアがはまったときは、気持ちいい!

アミューズメント機器の企画・設計・実装等を行っています。技術系になりますが、企画立案など、一見すると技術とはあまり関係のない仕事も多いです。しかし、物を創造するという面から言えば、それもやっぱり技術職の仕事だと思います。最近は後輩メンバーへのサポートや各種マネージメントサポートについても増えてきています。
アミューズメント機器というのは仕様があって無いようなものであり、その時の流行に左右されて仕様が日々変化していきます。現在の流行が何なのか、何が面白いのか等の分析力も必要ですし、さらに1歩先2歩先のことを考えながら制作を進めていく必要がありますので、自分のアイディアがバッチリはまった時は非常に気持ちいいです。
今自分が仕事を出来ているのは、お客様あってのことだと思っております。ですから、お客様の満足いくものが提供できているかを第一に考え、一緒に仕事したいと言ってもらえる関係を築き上げることを目標に仕事しております。

失敗を恐れない。挑戦するのが、加賀イズム。

現在は近年なかったような大きな案件をこなしており、もう少しで完成という所まで来ております。プレッシャーもありましたが、できあがった成果物については良いものに仕上がったと自負しています。残りの課題は最後の調整期間をうまく活用して、さらに良いものに仕上げていくこと。そして不具合があっては元も子もないので、チェック作業に向けてしっかりと準備をしているところです。

自分もそうでしたが、入社3年目くらいからプロジェクトをまかされるようになります。失敗しても次に活かせばいい。先輩のフォローも付きますから、思い切って自分がやりたいことに挑戦できます。そのような環境が加賀電子にはあると思っていますので、何かを作り上げたい!と考えている人には非常に向いている会社だと思っております。

今後は、現在のお客様との関係を大事にすることはもちろん、新しいお客様を開拓できるように活動したいと思います。

夢は、業界の流れを変えてしまうようなものを創造すること!です。