トップ社員紹介福本 望

働くということは、
人として成長すること。

福本 望

一般事務

特販第二部情報コミュニケーション学部 情報コミュニケーション学科卒 2012入社

嘘のない会社だな、と思いました。

特に業界を絞らず事務職として働くことのできる会社を探している中で、商社事務の仕事を知りました。ただ言われたことをやるだけの仕事ではなく、営業的な要素もあったので、他の仕事よりもやりがいを感じられるのではないかと思い、興味を持ちました。
その中で加賀電子を選んだ理由は「人」です。選考の途中でお会いした先輩方の雰囲気を見て、とても仲が良さそうで楽しそうな会社だと感じました。内々定を頂いてからは、アシスタントの先輩方とのお食事会を開いて下さり、真面目な話ばかりではなく、とても気さくに社内での出来事等を語ってくれたことがとても印象的でした。
就職活動中に様々な会社のセミナーに参加し、先輩社員の方々とお話させて頂く機会も多々ありましたが、加賀電子の先輩方が一番“素”を出して話して下さった気がします。嘘のない素直な会社だなと思い、そこが決め手となりました。

頼る存在から、頼られる存在へ。

大手電機メーカー向けに部品を販売する部署に所属しており、営業アシスタント業務を行っています。お客様からの注文書をもとに部品手配を行い、希望される納期通りに納品することが主な仕事です。
この業界で働いていて感じるのは、移り変わりが激しいということです。営業担当は、“より安く・より良い”製品を手に入れようと日々切磋琢磨しています。そのため、新しい業務が頻繁に舞い込んできます。営業担当が交渉して持ってきてくれた案件なので、トラブルを避けるべくお客様や仕入先様、委託倉庫のご担当者様と何度も連絡を取り合い、お互いの認識を合わせていきます。度重なる納期調整、細かい納入方法など、最初はわからないことばかりでしたが、少しずつ流れが見えてきて、点と点が線で結ばれるようになり、無事に最初の納品を終えたときにやりがいを感じることができます。
ただ、これら全ての業務をアシスタント一人で行うわけではありません、営業担当とコミュニケーションをとり、協力し合いながら問題を解決していきます。業務に追われて余裕がないときは、先輩が優しく声を掛けてくれ、業務を手伝ってくれたり、分からないことは何でも教えてくれたりします。
まだ周りの先輩方に頼ってしまうこともありますが、今後は自分でできる業務を増やし、頼られる存在に成長していきたいと思っています。

ずっと、スキルアップできる環境です。

加賀電子は独立系商社のため、たくさんの商材を扱っています。その分知識も必要になりますが、営業担当は「単に決められた製品を販売するのではなく、お客様のニーズに合った製品を提案できるところや、たくさんの人と会えることが面白いんだ!」とよく話してくれます。
私自身アシスタントをやっていて、たくさんの方と関わりを持たせて頂いているのを実感しています。1年目の頃は国内の取引先様を中心に担当していましたが、現在は海外の取引先様とのお付き合いも増え、徐々にスキルアップしているのを感じます。例えば、納入方法だけをとっても取引先様によって基準は様々なのです。
担当が増えるということは、覚えることも増え、苦労することもあります。しかし、私にとって“働く”ということは、人間性を育ててくれること。昨日より今日、今日より明日と少しずつではありますが、日々成長できるようにこれからも頑張っていきたいと思います。