TOP > 投資家情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

当社がIR活動を行うに当たっての情報公開に対する考え方をお知らせします。

情報開示の基本方針

当社では、グループCSR基本方針において定めた「加賀電子グループは、企業情報を適切に管理するとともに公正かつ迅速に開示します。また、正確な経理処理により信頼性のある財務報告を実施します。」を基本方針とし、IR活動を行なうに際して情報開示を積極的に推進します。

情報開示基準

当社は、金融商品取引法、その他法令および東京証券取引所が定める『上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という。)』に従って、適時適切な情報開示を行います。また、法定開示ならびに適時開示規則に該当しない任意開示情報についても、投資家の皆様の投資判断に大きな影響を与えうる情報については、積極的に情報開示を行います。

情報開示方法

適時開示規則に該当する適時開示情報は、東京証券取引所が提供するTDnetシステムを通じて開示します。開示後、速やかに報道機関に適時開示情報を提供すると共に、弊社ホームページ上にも掲載します。また、適時開示規則に該当しない任意開示情報についても、投資家の皆様の投資判断に大きな影響を与えうる情報については、TDnetシステムにて開示するのと同時に、速やかに報道機関に開示情報を提供すると共に、弊社ホームページ上にも掲載します。
海外投資家の皆様にも適時的確に情報を伝達することを目的に、日本国内にて適時開示情報ならびに任意開示情報を開示した後、速やかに当社ホームページに翻訳した英語版を掲載します。
また、幅広い投資家の皆様に当社の開示内容を迅速、正確かつ公平に伝達するために、報道機関および機関投資家・アナリストを介して情報が伝達されるよう配慮しています。年2回(第2四半期決算、期末決算)の決算発表時には報道機関向けに記者会見および機関投資家・アナリスト向けに決算説明会を開催し、発表内容を通じた情報発信を心がけています。 なお、年2回の決算説明会開催後、速やかに当社ホームページに動画を掲載し、四半期決算毎にも決算概要説明資料を掲載します。

沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぐために、決算期末の翌日から当該決算発表日までを「沈黙期間」として設定し、決算に関連するコメントや質問への回答を控えています。沈黙期間中に適時開示が要請される事項が生じた場合には、適宜、開示します。

業績予想について

当社では、決算短信に記載する収益予想に加えて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、質疑応答等には、将来の見通し、見解などが含まれる場合があります。何れの場合におきましても、将来の見通しに関する情報において過去の事実でないものは、一定の前提の下に作成されたその時点での当社の判断にもとづいております。従って、現実の業績の数値、結果等は、今後の事業運営や経済情勢等の変化により、開示情報に含まれる将来の見通しと異なる可能性があります。

以 上

投資家ライブラリ

LIBRARY

投資家ライブラリ

関連ページ